ホームページ制作って何?

ホームページ制作について説明します。まず、ホームページとはなんでしょうか。実は、ホームページという言葉自体が、正式名称ではなく、ウェブサイトという用語が正しい使い方です。ウェブサイトとは、インターネット上に無数にある情報です。このウェブサイトのホーム画面、つまり一番最初のトップページをホームページと読んでいます。語源は謎ですが、いつからか、ホームページがウェブサイトのことを示すようになりました。 また、インターネット初心者の方にとってはウェブサイトという言い方よりもホームページと読んだ方が馴染みがあるようです。そういった意味でもホームページと呼ぶ方が一般的となりました。さて、ホームページの意味が大体わかれば、ホームページ制作がなんたるか、理解できると思います。つまり、ウェブサイトの作成を意味します。ウェブサイトを作成する理由は様々で、例えば現代社会においてはテレビよりもインターネットの方が広告を出す効果があると言われています。また、紙媒体の雑誌よりもはるかに情報スピードも早く効率的、且つ電気代とインターネット接続料金以外は無料です。 そのような理由から、会社がお客さんに向けてホームページを作成します。また、インターネットが普及して一般の人でもホームページを作成するようになりました。

ホームページ制作をしてみよう

最近はSNSが急速に広まり、誰でも簡単に情報を発信することが可能な時代となってきました。それと同時に様々な人が自分の情報を発信したいという欲求を持ち始めたようです。そんなとき、SNSは非常に良いツールではありますが、情報が断片的で本当に意図したい情報が伝えられないというジレンマがあります。 一方、ブログやホームページだと自分の発信したい情報をきちんと文章で伝えることができるので非常に便利です。そういった理由から、ホームページ制作をしてみたいという人が増えています。最近では、IT関係の情報図書も増えてきて、ホームページ制作の参考資料も増えてきました。昔に比べれば断然、ホームページ作成の敷居が下がったことは言うまでもありません。ホームページ制作の動機は様々あると思いますが、重要なのはモチベーションを保ち続けること。特に初心者のうちは、思い通りにサイトを制作できなくてイライラします。その時点で諦めてしまう人も大勢いるのですが、もう少し気長に少しづつでも良いので地道に進めることが重要です。 まず、参考資料を読むことも大事ですが、実際に手を動かしてみてコードを書いてみると、意外に作業が進みます。本を読んでいるだけだと、進んでいるのかどうかわからないので、まずは書くということを念頭に作業を始めてみましょう。